総合メディア基盤センター新システムについてのご案内

                         平成27年1月21日
利用者各位

                   総合メディア基盤センター長

 総合メディア基盤センター新システムについてのご案内

日頃は総合メディア基盤センターの運営にご理解とご協力を賜りまして誠に有難
うございます。
既にご案内しておりますように、総合メディア基盤センターではシステムの更新
作業を進めており、新システムを平成27年3月1日より新稼働する予定です。
つきましては新システムで変わる主な内容につきましてご案内させていただきます。

1.演習端末(注1)
  ・OSがWindows8.1となります。
  ・OfficeがProfessional2013となります。
  ・米子地区の演習端末が医学科定員増に対応するために130台となります。

2.e-Learningシステム(注2)
  e-LearningシステムがRENANDIからMoodleに代わります。
  Moodleの使い方につきましては、後日ご案内いたします。

3.アプリケーション配信システム
  アプリケーション配信システムがZ!StreamからSymantec Workspace
  Streaming(SWS)に代わり、Windows 32ビット版だけでなくWindows 64ビット
  版にも対応いたします。
  SWSの使い方につきましては、後日ご案内いたします。
  配信するアプリケーションはGENETYX、SPSS Statistics、MATLAB、
  AutoCAD、ChemBioDraw、Adobe Illustrator、Adobe Photoshopです。

4.鳥取大学学外接続ポータルサイト
  マトリクス表もしくはイメージングマトリクスは引き続き利用しますが、
ログイン方法が変更になります。詳細は後日ご案内いたします。

注1
演習端末でお使いのデータは新システムに移行いたしません。
引き続き使われたいデータはご自身でバックアップをお願いします。
なお、現演習端末が使えるのは、湖山地区が2月15日まで、米子地区は2月1日ま
でです。

注2
RENANDI上のデータはMoodleに移行いたしません。
RENANDI上のデータをMoodleでお使いになりたい方は、RENANDI上のデータを一旦
ご自分のPCに保存してから再度Moodleでお使いください。
なお、RENANDIがお使いになれるのは、4月30日までです。

Categories: お知らせ, Tags: N⁄A, Published on 2015/01/21, Updated on 2015/03/01, 296 views