連休中における情報セキュリティインシデント発生防止等について(注意喚起)

                          2019年4月26日

教職員 各位

                   総合メディア基盤センター長

 連休中における情報セキュリティインシデント発生防止等について(注意喚起)

 標記の件について、文部科学省高等教育局国立大学法人支援課より、
注意喚起がありましたので周知いたします。
 大型連休の間は、業務担当者及びシステム管理者等が長期に渡って不
在になることから、有事の際の対応において予期しない支障が生じること
が懸念されます。また、長期の休暇期間中に教職員が、職場外に業務に
関係するデータを持ち出す機会も多くなるものと考えられます。
 ついては、休暇期間前後における情報セキュリティインシデント発生
の防止及び有事の際の対応等について下記をご参考の上、ご対応いただ
きますようお願いします。
 特に、今年度は平成から令和への改元に伴い、連休期間も10日間と
長期となることから、連休前の情報セキュリティ対策の強化及び連休後
の不審メール等への警戒の強化を徹底するよう重ねてお願い申し上げます。

                記

対象:全教職員(非常勤、派遣を含む全てのシステム利用者等)

  1. 休暇期間前の対応

(1) インシデント発生時における連絡・報告先を確認願います。
夜間、休日の対応についても念のため確認願います。

(2) 業務で使用するパソコン等のOS やソフトウェア等に最新の
セキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認
願います。

(3) 容易に推測できる文字列(名前、生年月日、電話番号及びア
カウントと同一の文字列等)、安易な文字列(12345、asdfg
及びqwerty 等)をパスワードに設定していないことを確認
願います。

(4) 業務で使用するウェブサービスで使用しているID やパスワ
ードを他のウェブサービスでも使い回していないか確認願
います。使い回している場合には、上記(3)を踏まえ、速や
かにパスワードを変更願います。

(5) パソコン、USB メモリ等の外部記録媒体については、適正に
管理(持出し・持込みに関する内規の遵守)願います。
人事異動により業務の実態が変化した場合は特に注意願い
ます。

(6) ウイルス対策ソフトに最新のパターンファイルを適用して
フルスキャン(全検索)を実施して、不正なプログラム等が
インストールされていないか確認願います。

(7) 休暇期間中に使用しないパソコンやプリンタ、ネットワー
クストレージ等は電源を落としてください。

  1. 休暇期間後の対応

(1) 休暇期間中にセキュリティ更新プログラムが公開されてい
た場合は(システム管理者の指示に従い)速やかに更新プロ
グラムを適用願います。

(2) 出勤後直ちに、業務で使用するパソコンのウイルス対策ソ
フトを最新のパターンファイルに更新した後、フルスキャ
ン(全検索)を行ってください。

(3) 休暇期間中に持ち出したパソコン、USB メモリ等の外部記録
媒体は、使用する前に必ずウイルス対策ソフトでフルスキ
ャン(全検索)を行った後に使用するとともに、不要なデー
タは速やかに削除してください。

(4) 休暇期間中に受信したメールの中には不審なメールが含ま
れている可能性があるため、添付ファイルは安易に開封し
ない、メール本文に記載されたURL リンクも不用意にクリ
ックしないようにしてください。

(5) 万一不審なメールの添付ファイルを開封、あるいはURL リ
ンクをクリックしてしまった場合は、速やかにパソコンを
ネットワークから切り離し、機関のシステム管理者へ連絡
してください。

                              以上

                 [連絡担当]
                 総合メディア基盤センター事務室
                 E-Mail : tu_ipc@tottori-u.ac.jp

Categories: お知らせ, Tags: N⁄A, Published on 2019/04/26, Updated on 2019/04/26, 241 views