【注意喚起】年末年始における情報セキュリティインシデント発生の防止等について

                     2019年12月25日
教職員 各位
                  総合メディア基盤センター

【注意喚起】年末年始における情報セキュリティインシデント発生
      の防止等について

 冬季休暇中は、業務担当者及びシステム管理者等が長期に渡って
不在になることから、情報伝達等において遅れや予期せぬ支障が生
じることが懸念されます。
 ついては、休暇期間前後における情報セキュリティインシデント
発生の防止の観点から、以下の点について再度ご確認願います。

              記

・OSとアプリは常に最新版にアップデートする。

・セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)を導入してパターン
 ファイルを最新に保つ。

・メールの添付ファイルやリンクをクリックするときはマルウェア
 感染の脅威があるので注意する。

・出所の定かでないソフトウェアをインストールしない。

・パスワードはシステム毎に違うものを使い他人に知られないよう
 に気を付ける。

・パソコンやUSBメモリの盗難・紛失に気を付ける。

・マルウェア(ウイルスなどの悪意のあるプログラム)に感染した
 と思ったら、すぐに機器をネットワークから切り離して、下記に
 連絡する。

 TU-SCIRT(鳥取大学情報セキュリティインシデント対応チーム)
  csirt@center.tottori-u.ac.jp

【参考:情報セキュリティ対策これだけは守りましょう!!】
  https://www.center.tottori-u.ac.jp/security/essentials/

              [連絡担当]
              総合メディア基盤センター事務室
              E-Mail:tu_ipc@tottori-u.ac.jp

Categories: お知らせ, Tags: N⁄A, Published on 2019/12/25, Updated on 2019/12/25, 231 views