学内者とのMeet接続において承諾操作が必要になった場合の対応方法

質問:Meetにおいて教員が「参加を承諾」操作をしないと学生の接続ができなくなったがなぜか?
(本来であれば本学内の学生、教職員は承諾なしで接続できるはず)

回答:「クイック アクセス」設定が原因と考えられますので以下をご確認ください。

・Meetの「クイック アクセス」設定について、オン、オフで以下のような動きになります。
オンの場合:組織内の参加者は、承諾操作不要で自動的に会議に参加できます。
オフの場合:組織内外のすべての参加者が、会議への参加をリクエストする必要があります。主催者は承諾する必要があります。

・会議中にクイック-アクセス-のオンとオフを切り替える操作は以下をご確認ください。

会議中にクイック-アクセス-のオンとオフを切り替えるには(ページ中ほど)
https://support.google.com/meet/answer/9303164

・会議終了時の選択肢に以下の選択肢が表示された場合、それぞれ以下の動作となりますのでご注意ください。

---
[このビデオ通話を終了して全員を退出させますか?]

・[終了せずに自分だけ退出] ※通常はこちらを選択してください。
自分だけが会議から退出します。他の参加者は会議を続けることができます。

・[通話を終了] ※同じURLを繰り返して使用する場合はこちらを選択しないでください。
全員を退出させ、会議を終了します。主催者が再度入室しない限り、
他の参加者は同じURL(会議コード)で再度会議に参加することができなくなります。
---
https://support.google.com/meet/answer/9303164#End_meeting_for_all

Categories: お知らせ, Tags: N⁄A, Published on 2021/04/13, Updated on 2021/04/16, 2,982 views