Microsoft Defender for Endpoint インストール手順(macOS)

※(2020/12/25)macOS Big Sur上で、Google Drive File Stream(GDFS) を使用している状態で、Mac 用 Microsoft Defender for Endpoint をインストールすると、PCの動作が遅延する、フリーズする等の不具合が確認されています。該当者におかれましては、Google Drive File Stream をアンインストールし、Webブラウザ上のGoogle Drive の利用に切り替えることをお勧めします。(追記)Spotlight検索対象からGoogle Drive File Stream(GDFS) を対象外にすることで回避できるケースを確認していますが、動作保証は出来かねる状況です。

概要

macOSをご利用の場合のMicrosoft Defender for Endpointのインストール手順について解説しています。

注意事項

Microsoft Defender for Endpointのシステム要件

macOSは最新の3つがサポートされています。
10.15 (Catalina) 以降のバージョンにアップグレードしてご利用ください。

※ 利用しているアプリケーションによってはアップグレードに対応していないものもあるためよく確認してください。

macOSのバージョン確認とアップグレードについて

アップグレードを実施する際、作業前にバックアップを取得してください。

他のセキュリティソフトのアンインストールについて

他社製品(ウイルスバスター、ESET、カスペルスキー、ノートン、マカフィー、等)のセキュリティソフトをご利用の場合は、事前にアンインストールしてください。
本学配布でないセキュリティソフトの場合は、各セキュリティソフトの販売元へお尋ねください。

Microsoft Defender for Endpointのインストールおよび登録方法

下記手順を順番に全て実施してください。

  1. Microsoft Defender for Endpointのダウンロード
  2. Microsoft Defender for Endpointのインストール
  3. macOSの設定(macOS13 Ventura.ver
    macOSの設定(macOS12 Montery.ver)
    macOSの設定(macOS11 Big Sur.ver)
  4. Microsoft Defender for Endpointの有効化
  5. Microsoft Defender for Endpointの登録

Microsoft Defender for Endpointが有効になっていることを確認する方法

Microsoft Defender for EndpointのMachineIDを確認する方法

Microsoft Defender for Endpointのアンインストール方法

下記手順を実施してください。