Microsoft Defender for Endpointの有効化(~macOS13 Ventura)

Microsoft Defender for Endpoint の有効化

  1. 右下の[スポットライト]をクリックします。
  2. [スポットライト]が起動します。
  3. スポットライトに「ターミナル」と入力し、表示される候補から[ターミナル-アプリケーション]をクリックします。
  4. [ターミナル]が起動します。
  5. [ターミナル]中に「mdatp health −−field org_id」と入力し、エンターキーを押します。
    ※ fieldの前の「-(マイナス)」は、「−−(マイナスマイナス)」と2つ重ねて入力してください。

    この時に、”ATTENTION: NO license found. Contact your administrator for help unavailable” とエラーが表示されますが、正常です。
  6. [ターミナル]中に「sudo bash」と入力し、今回ダウンロードして展開したファイル(MicrosoftDefenderATPOnboardingMacOs.sh)を[ターミナル]中にドラッグ&ドロップし、enterキーを押します。
    ※ sudo bashの後ろには半角スペースを入力して、ドラッグ&ドロップし、エンターキーを押してください。
  7. 実行後、[Password:]にはMacの管理者ユーザー名に対応するパスワードを入力し、エンターキーを押します。
    ※ パスワードを入力する際、画面には何も表示されませんが、そのままパスワードを入力し、エンターキーを押してください。
  8. [ターミナル]中に「mdatp health −−field org_id」と入力し、エンターキーを押します。
    ※ fieldの前の「-(マイナス)」は、「−−(マイナスマイナス)」と2つ重ねて入力してください。
    ※org_idが表示されない場合は、Macを再起動してから再起動してください。
  9. 右上のMicrosoft Defender for Endpointにチェックマークがついていることから、正常に機能(有効化)していることが確認できます。
  10. [追記2023/01/05]
    MacOS 13.1 Venturaにアップデートがされてから以下のようなエラーが表示されることが確認されました。
    「mdatp health –field org_id」 を実行した際に
    ATTENTION:No lisnece found. Contact your adminitrator for help.
    ”*******-****-****-***********”(***はライセンス番号)と表示される。この場合は、まずシステムの再起動を行ってください。

    また、[システム設定]→[プライバシーとセキュリティ]→[フルディスクアクセス]の項目を確認し、すべてにチェックが入っているか確認してください。
    上手くいかない場合は、アプリをゴミ箱に入れてアンインストールを行い、最初からやり直してください。(アンインストールの手順

    ”mdatp health –field org_id”を実行して、エラーが表示されずライセンス番号のみが表示された場合は次の手順に進むことができます。

  11. 次の手順(Microsoft Defender for Endpoint の登録)へ進んでください。
2022/11/15, 2023/01/05, 180 views