概要

概要

 本学のアカウントで利用しているGoogleドライブは、Google Workspace for Educationのサービスにより提供されております。これまでGoogleドライブの容量は無制限で利用できておりましたが、Google社より、2022年7月に組織全体でのデータ容量を100TBに制限するとの連絡がありました。現時点で、本学の組織全体での利用量が制限を超えており、早急に対応が必要となっております。
 Googleドライブの利用者には、以下の手順により、Microsoftが提供するOneDriveおよびSharePointOnlineへのデータ移動を行っていただきますようお願いいたします。
 なお、Googleスプレッドシートやフォームなどのファイルは移動することができません。また、manabaで配信中の講義資料など移動が難しいものを無理に移動する必要はありません。

問題

  • 本学が契約しているGoogleサービスのストレージポリシーが変更され、これまで容量無制限だったものが2022年7月より上限値が設定される予定です。
    (参考)Google Workspace for Education ストレージ ポリシーの変更
    対象サービス 容量制限(現在) 容量制限
    (2022/7~予定)
    Google Workspace for Education サービス全体
    (Gmail、Google ドライブ、Classroom、Google カレンダー、Google ドキュメント等)
    無制限 合計(全利用者合算):100 TB

現在の状況

  • 2021/12現在の内訳:Gmail(9.32TB)、Googlドライブ(マイドライブ:58.06TB、共有ドライブ:36.72TB)合計:104.10TB

影響

  • 2022年7月以降は、100%に達した場合、Gmailを含むGoogle Workspace for Education のサービスが利用できなくなり多大な影響が生じます。

対策

  • 各利用者にて、別途本学が契約しているMicrosoft 365 Education A3 のストレージサービスへデータを移動していただく必要があります。何卒ご協力の程よろしくお願いいたします。
    移動元ストレージサービス 移動先ストレージサービス
    Googleドライブ(マイドライブ) OneDrive(5TB/アカウント)
    Googleドライブ(共用ドライブ) ShrePoint Onlineのサイトのドキュメント(100TB/本学全体)

2021/11/24, 2021/12/20, 1,169 views