WindowsでのWi-Fi無効化手順

マルウェアに感染した等で無線ネットワークからPCを切り離す場合、切断しただけでは自動で再接続してしまいます。ここでは自動再接続しないよう、無線アダプタを無効化する手順について解説します。

尚、ネットワーク接続に問題がある際に、有線及び無線のアダプタの無効化し、再度有効化することが問題解決につながる場合があります。

Wi-Fi無効化

  1. キーボードの[Windows]キー(Windowsのロゴが印字されたキー)を押下しながら[R]キーを押下します。
  2. 画面左下に[ファイル名を指定して実行]ダイアログが表示されます。
  3. [名前(O):]右の入力欄にNCPA.CPLと入力して[OK]ボタンをクリックします。
  4. ネットワーク接続一覧が表示されます。
  5. [Wi-Fi]アイコンを右クリックしてコンテキストメニューを表示します。
  6. メニュー内の[無効にする(B)]を選択します。
  7. [Wi-Fi]アイコンがカラーからグレースケールになり、表示が[無効]になります。これで無線アダプタを無効化できました。

Wi-Fi有効化

無効化した無線アダプタを再び有効化する手順は以下の通りです。

  1. 無効化した無線アダプタを有効化する場合は、まず無効化の手順1〜4を実施して、ネットワーク接続一覧を表示します。
  2. [Wi-Fi]アイコンを右クリックして表示されるメニューから[有効にする(A)]を選択します。

 

2019/12/03, 2020/04/23, 1,133 views