macOSでWi-Fiをオフにする手順(Big Sur以降)

マルウェアに感染した等で無線ネットワークからMacを切り離す場合、切断しただけでは自動で再接続してしまいます。ここでは自動再接続しないよう、macOS Big Sur以降で無線アダプタをオフにする手順について解説します。

尚、ネットワーク接続に問題がある際に、有線及び無線のアダプタのオフにし、再度オンすることが問題解決につながる場合があります。

  1. 画面上部のメニューバー右側(メニューエクストラ)にあるWi-Fiアイコンをクリックします。メニューバーにWi-Fiアイコンが無い(非表示の)場合は、[システム環境設定からWi-Fiをオフにする]の方を参照してください。
  2. 表示されたメニュー内の[Wi-Fi]の右にあるトグルスイッチをクリックします。
  3. Wi-Fiアイコンがオフ表示になります。これで無線アダプタをオフにできました。

システム環境設定からWi-Fiをオフにする

メニューエクストラにWi-Fiアイコンが無い場合は[システム環境設定]から辿ってオフにすることができます。

  1. 画面左上のりんごマーク(アップルメニュー)をクリックします。
  2. 表示されたアップルメニュー内の[システム環境設定…]を選択します。
  3. [システム環境設定]内の[ネットワーク]をクリックします。
  4. 右上の[Wi-Fiをオフにする]ボタンをクリックします。メニューエクストラにWi-Fiアイコンが非表示の場合は、ウィンドウ下部の[メニューバーにWi-Fiの状況を表示]にチェックを入れておくとオン/オフ及び接続状態の確認が簡単になります。
  5. Wi-Fiに関する各所の表示が[オフ]になります。これで無線アダプタを無効化できました。

メニューバーからWi-Fiをオンにする

オフにした無線アダプタを再びオンにする手順は以下の通りです([システム環境設定]を辿る手順は省略します)。

  1. 画面上部のメニューバー右側(メニューエクストラ)にあるオフ表示のWi-Fiアイコンをクリックします。
  2. 表示されたメニュー内の[Wi-Fi]の右にあるトグルスイッチをクリックします。

 

2021/04/12, 2021/04/12, 368 views