退職時の取り扱い(メールの自動転送)

退職時の取り扱い(メールの自動転送)

概要

 退職後、2週間ほど経つとメールは利用できなくなります(鳥大IDが削除されます)。
 必要であればメールの自動転送を行うことが可能ですので、申請ページより申請してください。
 なお、転送期間は転送を開始した次年度の末までとなります。

申請方法

 米子地区の教職員(事務部・技術部を除く)は、以下申請ページから申請してください。
 ※すでに退職し、鳥大Gmailがご利用いただけなくなっている場合、申請ができません。在職時の所属の人が代理でご申請ください。

注意

  • 学内からのみ申請が可能です。退職後に申請する場合は、前所属の教職員から申請をしてください。
  • 鳥取大学へ再雇用となり、以前と同じメールアドレスを使用する場合、転送設定を停止する必要があります。その際は、情報基盤機構へご連絡ください。
  • 2021/04/30, 2021/06/18, 463 views