教職員向けサービス

学外からの利用

ワンタイムパスワード通知先登録システム(多要素認証システム)

学外のネットワークから本学が提供する各種情報システムを利用するには、多要素認証の設定を事前に学内のネットワークで行う必要があります。事前に登録しておいた通知先に送付されるワンタイムパスワードを使って学外から本学が提供する各種情報システムに接続できます。通知先を2種類以上登録してください。

提供サービス一覧

認証・ID

鳥大ID(統一認証アカウント)

教職員用メールや学術無線LANローミング基盤等の学内の様々なシステムを利用するための重要なIDです。

電子メール

教職員用メール(鳥取大学Gmail)

大学のメールアドレスとして鳥取大学Gmailをご利用いただけます。

eラーニングシステム

manaba

コンピュータネットワークを利用して学習を支援するシステムとしてmanabaを提供しています。資料配布やアンケート、小テスト等の多様な機能があり、講義や研修等で利用されています。

Google Classroom

本学とGoogle社とのGoogle Workspace for Educationの契約により利用できる学習管理サービスです。課題の出題、採点、フィードバックの提供等が可能です。

情報ネットワーク

学術無線LANローミング基盤(eduroam)

無線LANを経由し、学内ネットワークやインターネットに接続することが可能です。eduroam参加している他大学や研究機関等でも利用可能です。

教育用有線LAN

有線LANを経由して学内ネットワークやインターネットに接続することが可能です。

オフィスソフト

Microsoft 365 Apps for enterprise

コンピュータ、タブレット、スマートフォンに最新版のOffice製品(Word、Excel、PowerPoint等)をインストールして利用できます。Microsoft Office 365 ProPlusの後継です。

Microsoftクラウドサービス

Office 365(Microsoftクラウドサービス)

OneDrive、SharePoint Online、Streamが利用できます。

Windows 10/11 Education

Windows 10/11 Education

最新版のWindows 10/11 Educationを利用できます。

ウェブ会議・テレビ会議

ウェブ会議システム(WebEx)

インターネットに接続されたPCやタブレット等を利用して学内・学外を問わずに簡単に遠隔会議ができるシステムです。

Google Meet の「高度な機能」の利用申請

短期のイベント等においてGoogle Meet の「高度な機能」のライセンス割当を受ける申請です。
通常のGoogle Meetは申請をしなくとも利用できます。

テレビ会議システム

ネットワークを介して遠隔地とテレビ会議を行うことができます。

セキュリティソフト

セキュリティソフト(Microsoft Defender for Endpoint)

2020年4月より教職員向け(学生は除く)に「Microsoft Defender for Endpoint(旧 Microsoft Defender ATP)」の提供を開始しました。

旧セキュリティソフト(ウイルスバスターCorp.)【2021/5/31ライセンス終了】

これまでWindows向けに「ウイルスバスター Corp.」を、OS X/macOS向けに「Trend Micro Security for Mac」を提供していましたが、2021/5/31にてライセンス契約が終了しましたので、早急に「Microsoft Defender for Endpoint」に入れ替え作業を行ってください。

その他

ファイル受け渡しサービス(Proself)

ネットワークを介してファイルの受け渡しが可能なサービスです。メール等では受け渡しが困難な大容量ファイルにおいて有効に利用できます。学内はもちろん、学外との受け渡しも可能です。

オンラインストレージ(Googleドライブ)

本学とGoogle社とのGoogle Workspace for Educationの契約により利用できるオンラインストレージサービスです。ネットワークを介してファイルの保存や共有が可能です。
※owncloudについては2019年10月31日に提供を終了しました。

アプリケーションの提供

4つのアプリケーション(MATLAB、SPSS Statistics、GENETYX、ChemOffice)を提供しています。

コンピュータ演習室

平日に講義等で利用していただけるコンピュータルームで、学期開始1ヶ月程度前に各学部等事務担当に照会します。臨時の場合は、都度空き時間に申請して下さい。

京都大学スーパーコンピュータ

京都大学が提供しているスーパーコンピュータを利用できるサービスです。高速な演算処理が可能です。

磁気消去装置

HDD等に強力な磁気を照射して破壊する(二度と読み込めないようにする)装置です。HDD等の廃棄時の情報漏洩防止になります。

メール送信サービス

サーバや機器などからメールを送信するために利用するサービスです。登録されたサーバや機器からメールを送信することができます。

OS別ミニマニュアル

トラブル対応時等に参考となるマニュアルを掲載しています。

管理者向けサービス

ゲスト用無線LAN

学外者(鳥大IDを持たない者)でも必要に応じて利用可能な無線LANを提供しています。利用するには、本学の教職員が利用申請を行い、専用のアカウント(ゲスト用無線LANアカウント)を発行する必要があります。

UPKI電子証明書

国立情報学研究所(NII)が提供しているUPKI電子証明書発行サービスです。公的なサーバ証明書等を無料で発行することができます。 

ウェブホスティング

サーバのディスクスペース(容量)を間貸しし、ウェブサイトを公開する場所を提供するサービスです。容量に応じた費用負担が発生します。

仮想マシンホスティング

AWS(東京リージョン)の仮想マシン(EC2インスタンス)を提供するサービスです。容量に応じた費用負担が発生します。

ビジネス向けGoogleグループ

本学とGoogle社とのGoogle Workspace for Educationの契約により利用できるメーリングリストやフォーラムのサービスです。利用するためにはドメイン単位(学科や学部等)で申請いただく必要があります。

その他申請手続き

教職員用メール、教職員用メーリングリスト、鳥大ID(統一認証アカウント)、学外とのネットワーク通信許可等にかかる申請書一覧のページです。

ガルーンのワークフローによる各種申請(事前設定、申請手順、承認手順)

ガルーンのワークフローによる各種申請の手順をご案内します。

メールに関するセキュリティ対策・情報

  • 不審メールの隔離
  • スパムメールの防御
  • 実行形式等の添付ファイルの削除
  • 有害メール情報

相談窓口