鳥取大学Gmail Windows版 Office 365 Outlookおよびクイック実行版Outlook 2016(IMAP編)

概要

鳥取大学Gmailへの移行に伴い必要となるメールソフトの設定変更およびメールデータのコピーについて説明します。
(このマニュアルでは、パソコンにインストールしたメールソフトMicrosoft製Office 365 Outlookおよびクイック実行版Outlook 2016を使う場合を例に説明します。)

設定説明

このページでは、IMAPの設定手順を示しています。もし、POPでの設定を希望される場合は、以下のページを確認ください。
鳥取大学Gmail Windows版 Office 365 Outlookおよびクイック実行版Outlook 2016(POP編)

事前作業

下記ページの設定を先に行ってください。
アプリパスワード生成方法

メールソフトに鳥取大学Gmailの設定を追加します。

1.Office365 Outlookをすでに使用したことがある場合は、2に進んでください。
 Office365 を導入し、初めてOutlookを利用する場合は、こちらの手順をご利用ください。

2.Office 365 Outlookまたはクイック実行版Outlook 2016をクリックして起動します。

3.メニュー左上の「ファイル」を選択します。

4.「アカウント情報」の画面が表示されます。「情報」を選択し「アカウントの追加」をクリックします。

5.次に表示される画面によって、手順が変わりますのでご注意ください。

  • 5-a.「OutLookへようこそ」もしくは「Outlook」画面が表示された場合
    「X」で閉じて、6.に進んでください。この画面からは設定済みの同じメールアドレスを追加することができない仕様のため、「コントロールパネル」からの追加になります。(本手順の6.からのコントロールパネルからの手順でもうまくいかない場合はこちらの方法2の手順1-6を行った後に、本手順の1.からやり直してください。)

— 「OutLookへようこそ」

— 「Outlook」

  • 5-b.「アカウントの追加 – 自動アカウント セットアップ」画面が表示された場合
    本ページの10.の手順に進んでください。

6.「スタートボタン」をクリックし、「W」の階層にある「Windowsシステムツール」に含まれる「コントロールパネル」をクリックします。

7.「コントロールパネル」が表示されます。「Mail(Microsoft Outlook 2016)」をクリックします。
 ※下記のような画面が出ない場合、右側の「表示方法:カテゴリ」を「表示方法:小さいアイコン」に変更して下さい。


 ※「Mail(Microsoft Outlook 20xx)」が表示されない場合はこちらの方法2の手順1-6を行った後に、大変お手数ですが本手順の1.からやり直してください。

8.「メール」設定が表示されます。「電子メールアカウント(E)」をクリックします。

9.「アカウント設定 – 電子メールアカウント」が表示されます。「メール」タブで「新規(N)」をクリックします。

10.「アカウントの追加 – 自動アカウント セットアップ」が表示されます。「自分で電子メールや他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)」を選択して「次へ(N)」をクリックします。

11.「サービスの選択」の画面が表示されます。「POPまたはIMAP」を選択し「次へ」をクリックします。

12.「POPとIMAPのアカウント設定」が表示されます。各設定項目の入力が完了しましたら右下の「詳細設定(M)」をクリックします。

  • 名前(Y): ご利用者の氏名(例:鳥大 一郎)
  • 電子メールアドレス(E): 教職員用メールアドレス(例:toridai-test1@tottori-u.ac.jp)
  • アカウントの種類(A): IMAP
  • 受信メールサーバー(I): imap.gmail.com
  • 送信メールサーバー(SMTP)(O): smtp.gmail.com
  • アカウント名(U): 教職員用メールアドレス(例:toridai-test1@tottori-u.ac.jp)
  • パスワード(P):アプリパスワードを入力してください。アプリパスワードを発行していない方は、こちらから発行を行ってください。

13.「インターネット電子メール設定」が表示されます。「送信サーバー」タブをクリックします。「送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)」と「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」にチェックを入れます。

14.「詳細設定」タブをクリックします。各項目への入力が完了しましたら「OK」をクリックします。

  • 受信サーバ(IMAP)(I): 993
  • 使用する暗号化接続の種類(E): SSL または SSL/TLS(バージョンで表記が異なります)
  • 送信サーバ(SMTP)(O): 465
  • 使用する暗号化接続の種類(E): SSL または SSL/TLS(バージョンで表記が異なります)

15.「POPとIMAPのアカウント設定」に戻ります。「次へ(N)」をクリックします。各項目への入力が完了しましたら「OK」をクリックします。

16.テストが完了しましたら、「閉じる(C)」をクリックします。エラーが表示された場合は「閉じる(C)」をクリックすると12.に戻りますので、設定項目を再度ご確認ください。

17.「すべて完了しました」と表示されます。右下の「完了」をクリックします。

18.以上で設定は完了です。

認証画面(本学ロゴあり)及び確認画面(Google社ロゴあり)が表示される場合

  • 以下の認証画面(本学ロゴあり)が表示される場合は、鳥大ID(ユーザ名:教職員用メールアドレスまたは職員番号、パスワード:鳥大IDのパスワード)で認証を行ってください。

  • 「Microsoft アプリとサービス」との連携についての確認画面(Google社ロゴあり)が表示される場合は内容を確認の上「許可」してください。

以前のメール設定(TU-Mail)から新しいメール設定(鳥取大学Gmail)へのメールデータをコピーする方法(必要な方のみ)

必ず「移動」ではなく、「コピー」(下記手順)を行ってください。「移動」した場合、メールデータが紛失する可能性があります。

1.Outlookを起動します。以前のメール設定(TU-Mail)、新しいメール設定(鳥取大学Gmail)の受信トレイが見えている状態にします。

2.以前のメール設定(TU-Mail)のコピーしたいメールを選択し、新しい設定(鳥取大学Gmail)へ、右クリックで(※左クリックではなく)ドラック&ドロップします。次に表示される選択肢で「コピー(C)」を選択します。一度にコピーするメールが多い場合は、失敗する可能性があります。失敗する場合は、選択するメール数を減らして再度コピーしください。

2019/06/14, 2021/04/04, 2,524 views